活動内容
現在、アーチェリー部は全国で勝つことを目的とし、日々の活動を充実させることを目標に活動しています。将来的に、日本を代表する選手を一人でも多く本校から輩出することを目指しています。
 高校入学後、アーチェリー競技を始める生徒がほとんどで、アーチェリー競技の基本から練習を始め、1年生で70mの試合に出場できるまで成長できます。
  競技方法には、オリンピックラウンド(予選7036射×2 720点満点・決勝トーナメント 個人・団体セットシステム)などがあります。冬はインドアの大会が18mの距離で行われます。
 広島には日本を代表する選手が数多くいて、その選手たちと同じ試合で同じシューティングラインに立ちプレーすることができます。また、その選手たちと一緒に国体の強化合宿などで活動することになります。他校・他県との交流も多く全国のライバルたちと共に成長していきます。
 アーチェリーは高校スタートで在学中に世界にチャレンジできる数少ない競技でもあり、長く選手として楽しめる生涯スポーツです


笑顔!楽勝!一射入魂!

http://www.hiroshima-th.hiroshima-c.ed.jp/seitohiroba/taiikuc/achery/clip_image012.jpg
インターハイ予選ラウンド

http://www.hiroshima-th.hiroshima-c.ed.jp/seitohiroba/taiikuc/achery/clip_image001.jpg


練習風景

活動場所  校内 アーチェリー場

部員数   37名(27年度)

一言アピール
「楽しく勝つ」つまり「楽勝」をモットーにしています。県工アーチェリー部は、40年以上の歴史がありインターハイや・全国高校選抜大会で、個人戦は5回優勝していますが、残念ながらインターハイで団体の優勝はありません。卒業生にはシドニー・アテネと連続してオリンッピクに出場した、濱野裕二選手をはじめ、ロンドンオリンピック日本代表の菊地栄樹選手などは現在も国際大会で活躍しています。
 現役中にナショナルチーム(以下:Nチーム)のメンバーとして活躍した県工生もいます。2016年NチームのU-17U-20に現役県工生が2名、選出されています。(卒業生もNチームです)Nチーム3つのカテゴリーすべてに選手がいるのは広島工業高校だけです。
 大会で団体優勝したら校歌を歌うことにしているので、今度こそインターハイで校歌を歌いたいと思っています。

近年の成績全国高校総体(インターハイ)の成績

 2005年 団体 8位(22年ぶりに団体出場)
  2006年 団体 3位(このメンバーを中心に国体で少年男子団体
                優勝)
         個人 4位 炭本 拓郎
  2007年 団体 2位(このメンバーが団体決勝ラウンドにおいて、
                日本高校新記録(218点)を4月に樹立)
  2008年 団体 3位(インターハイの大会新記録を準決勝で更新)
  2009年 団体 4位(予選ラウンド1位通過)
         個人 4位 大田 昌平
 52010年 団体 7位(予選ラウンド5位通過)
  2011年 団体10位(予選ラウンド5位通過)
  2012年 団体 6位(予選ラウンド1位通過)
  2013年 女子個人 5位 山本紗矢香

栄光の全国大会優勝者
    全国高等学校総合体育大会(インターハイ)個人優勝
         5回大会(1972)  角井 和夫
          24回大会(1991)  藤原 悟
        36回大会(2003)  菊地 栄樹
   
 全国高等学校アーチェリー選抜大会 個人優勝
        31回大会(2006)  小林 史弥
   
 国民体育大会(広島県選抜)団体優勝  
         1993年(少年女子) 片山 奈美
         1996年(少年男子) 近藤 豊将
         1999年(少年女子) 木村 律子
         2003年(少年男子) 菊地 栄樹
         2006年(少年男子) 炭本拓郎・小林史弥・市川雅裕
         2009年(少年男子) 大田 昌平・村田 勇樹
         2011年(少年男子 個人優勝) 中村 翔
         2013年(少年女子) 山本紗矢香
         2014年(少年男子) 泉 雄也
         2015年(少年男子) 泉 雄也
   
 全日本室内アーチェリー選手権大会 優勝
         2007年   小林 史弥

中国大会の成績
       男子団体優勝(13回優勝/40回) 
         1976年  1回大会   
         1977年  2回大会   
         1978年  3回大会   
         1979年  4回大会
         1981年  6回大会
         1982年  7回大会
         2003年 28回大会   
         2005年 30回大会  
         2006年 31回大会  
         2007年 32回大会
         2009年 34回大会
         2011年 36回大会
         2015年 40回大会
      個人優勝
         男子 1976年 平田雅人
             1978年 西 雅裕
             1979年 西 雅裕
             1996年 近藤豊将
             2002年 菊地栄樹
             2003年 菊地栄樹
             2005年 小林史弥
             2007年 市川雅裕
             2011年 中村 翔 
         女子 1993年 片山奈美
             2000年 木村律子
             2003年 菅原 歩
             2004年 菅原 歩


インターハイ男子団体 準優勝


日本高校記録樹立(団体24射)


インターハイ個人優勝の菊地栄樹選手


全国選抜優勝の小林史弥選手



団体の試合風景
大声でチームを応援!


試合後のエール

                    顧問 : 戸田 敦大 ・ 渡川 博士 ・ 山下 直子 ・ 能仁 政治