学校長挨拶

広島県立広島工業高等学校
第34代校長   中村 充宏
 
 広島県立広島工業高等学校のWebページにアクセスしていただきありがとうございます。
 本校は,明治30年8月に広島県職工学校として創立され,その後,幾多の変遷を経て,平成29年に創立120周年を迎えた歴史と伝統のある工業高校です。創立以来,本校は,社会に有為な人材を育成することを使命に,常に前進し続けています。本校を卒業された先輩方は,産業界をはじめ,経済,スポーツ,芸術など多くの分野で,国内外で広くご活躍され,その実績は高く評価されています。
 工業教育の拠点校として,次代を担う技術者の育成に努め,基礎基本の知識,技術,技能をしっかりと身に付け,工業立国日本を支える豊かな感性を持った優秀な技術者の育成に全力を尽くします。
 本校の校訓「至誠・堅忍・創意・真理」のもと,次の3つのことを目指し教育活動の充実に取り組みます。

1 「心を磨く」
 ○ 自分のみならず相手を大事にして,相手のことを考え,互いに認め合い支えあうことができる。
 ○ 「自分を大切にする心」「他者を理解して大切にする心」「お互いに認め合い支えあうことができる心」をもつ。

2 「高い技術と技能の習得を目指す」
 ○ 次代の日本の工業を担える力を身に付ける。
 ○ 高い知識と技術・技能を習得しようとする志をもち,自ら進んで学び得たことを活用して他者と協働しながら問題解決を
   図り新しい価値を生み出すことができる。

3 「社会に貢献できる」
 ○ 社会で信頼されるための基本である「あいさつ」,「身だしなみ」,「礼儀・マナー」を確実に身に付ける。
 ○ 学んだことを活用して社会貢献できる。

 本校で学んで本当によかったと思える学校づくりに邁進する所存です。
 今後とも,本校の教育活動に対しまして,ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

広島県立広島工業高等学校
校長  中村 充宏