←もどる


授業内容
建築科では、建築全般にわたる知識と技術を習得し、建築物の製図,構造,計画,施工などの分野において,より安全で快適な生活空間を創造出来る実践的な建築技術者の育成を目指します。
  • 建築施工管理技術(2級)
  • 建築CAD検定(2級)
  • 福祉住環境コーディネーター検定(3級・2級)
  • インテリア設計士(1級,2級)
  • 危険物取扱者(丙種,乙種)
  • ボイラー技士(2級)
  • 2級建築士の受験資格                    (卒業後3年以上の実務経験)
住宅・ビルなどの建築設計と建設工事に関わる現場管理などの仕事に就いて活躍しています。
また、専門工事技能者として活躍しています。
 卒業後の進路先
人間生活にとって欠かすことのできない条件として、「衣・食・住」があげられます。「住まい」には、個人的、社会的な人間生活を包み、これに便利で、より快適で、より安全な住空間の創造が求められています。
 最近の科学技術の飛躍的な発展は、建築の分野においても新材料の開発、施工技術の向上、コンピュータの導入と、目覚ましい進歩をもたらしています。これらの新しい知識、技術を生かして、各種建築物の創造に携わっていくために、本校では設計製図を中心にして、各種実習、設計、計画、施工などを学習しています。
本校建築科のCAD検定への取り組みが(社)全国建築CAD連盟学校探訪で紹介されました。(pdf